忍者ブログ

MOMOとMAMAとウエスト症候群

ウエスト症候群(点頭てんかん)闘病中の“ももぞう”と、福祉事業に従事する“momomama”の、ブログを中心とした情報サイトです。 闘病のこと、心理学のこと、その他日常の徒然な事をのんびり綴ります。

強くなりたい

こんにちは。momomamaです。


mina familyのHPや中古福祉用品の譲渡仲介について、たくさんのシェアやご連絡をいただき本当にありがとうございます!

今日はちょっと、仕事の話です。興味ない方が多いと思うので、スルーしてもらって構いません。
mina familyのブログに書こうかとも思ったんですが、個人的な感想みたいになるというか、あまりオフィシャルに書くような内容じゃないと思ったので、こちらに…。


mina familyとしての活動は、今のところ毎日私がフルタイムで動いてます。非営利団体は常勤のお仕事と掛け持ちしてやってる非常勤スタッフが多いところもあるんですが、今は取り敢えず私がフルタイムでmina familyのためだけに動いてます。

なので、企画内容がより具体的になったり、話が広がったり、色んな業者さんや人に会ったり…、どんどん活動は進んでます。

ですが、公表できるようなものはまだなくて。

私を個人的に知らない人から見たら、mina familyはただの『何やってるか分からない、実績もない怪しげな社団法人』なわけですよ。当然ですが。


それを払拭するには、私が個人としてもっと露出を増やしていくとか、このブログのアクセスがふりきれてサーバがダウンするほど大フィーバーするとか、すんごい人とコラボを発表するとか…、まあ非現実的な話しかなくて。

要は、早くオリジナル商品を販売するなり、プロジェクトを公開できるレベルまで仕上げるなりしないといけないんですが。これがまた、時間がかかるんですよ。
当然ですよね、団体としてやるなら責任もあるからしっかり詳細に作りこんでおかないといけないし、そもそもその殆どは私一人ではできないことばかりなので、他の人を巻き込む以上は自分の都合だけでは話が進まないわけです。


ほんでですね、なんでそんなに自分の団体のふがいなさを説明してるかというと。

もうね、毎日毎日、色んな人に頭を下げてお願いすることが続いてて。
共同企画だったり、リンク先だったり、商品の発注だったり。

何をするにしても(何ならうちが客としてお金払って業者さんに何か依頼するにしても)、世間の対応は冷たい。
いやまじ、ここどこだっけ?シベリア?北極???みたいな。
ツンドラ気候なの?いやツンデレなら大歓迎なんですけど????(錯乱


まあでも、そうですよね~。アヤシイですよね~~~。
真面目に誠実にやってるかなんて、実績なけりゃわかんないですよね~~~~。

…分かってはいるんですけどね。自分が相手の立場でも、そんな小さなアヤシイ社団法人と取引したくないし。
いつまで団体維持できるのか?代表理事はおかしなヤツじゃないのか?非営利でとか、お金は誰が出してるんだ??とかね。
相手にしてみれば、不安要素しかないと思います。



そして、更に遅れていく商品企画と実績作り…てきな。
(だって誰も一緒にやってくれないんだもん。。←言い訳)



分かってます。0を1に変えるときのしんどさ。
そしてその向こうにはきっと達成感が待ってる。


とにかく今は、自分に出来ることを誠実に、一つずつ積み重ねていくしかないんだ。


そして、こんな今の私にも協力して下さる人や会社さんは、これから先もずっと大切にしていかなければ、と思います。




しかもですよ。先日、私は親切の押し売りをするという失態を犯しまして。
当時は本当に親切のつもりでした。でもそれは、自覚なく『ほら!嬉しいでしょう?!どう?!!!』っていう、ただの親切の押し売りでした。

小さな親切、大きなお世話。ってのがこんなに耳に痛かったことはありませんでした。。

ちょっと、社団法人自体、続けていく自信がなくなるほどの衝撃でした。
私は自己満足でやってるんじゃないだろうか、という自問自答が頭から離れず…。





それから色々考えたんですが、一応自分の中で結論は出ました。
結局は、原点に返ってきました。


私は、私にできることをしているだけ。


mina familyのHP、代表理事挨拶に書いた、民話の一説です。

全ての人に受け入れてもらえることなんてありえない。
そして、それはそれ以上でもそれ以下でもないこと。

受け入れてもらえないからといって、自分の好き勝手して良いわけじゃない。
受け入れてもらえなくても良いという、諦めでもない。

私は私に出来ることを、冷静に考えながら進めていくだけ。
そして、そんな私を受け入れてくださる方への感謝を忘れず。
私を受け入れてくれない人の声にも耳を傾けて。

受け入れてもらえなくても、私が相手を受け入れるかどうかはまた別のこと。
私は、私を受け入れてくれない人も含めて、病児や障害児の育児に頑張るみんなを守りたい。





mina familyは非営利型の社団法人です。儲けを追求するつもりはありません。
でも、時にはお金が、実績が必要なことがあります。
知名度が、力が必要なこともあります。

それがないと、私の守りたい人を守れないことがある。




守る人がいると強くなるって、なんだか『お母さん』と同じですね。

mina familyの『中古の福祉用品 ください』コーナーには、切実な事情を抱えた人たちからの連絡がたくさんあります。

お友達のブログを読んでいると、理不尽だと思うこと、読んでいるこちらまで腹の立つようなことがたくさんあります。



私はもっと強くなって、そしてmina familyを強くして、大切なみんなを守りたい。

強くなります。なってみせます!!





長崎の病院でね、今のおなじみのアンパンマンではなく、やなせたかしさんの書いた原作バージョンのアンパンマン絵本を読みました。
明るく楽しげなあのアニメとは違って、なかなか風刺の効いたというか、胸にくるようなお話しでした。

その本では、アンパンマンは今のアニメのようにツヤツヤしてません。
何も持たずに飢えた人のところにいき、自分の顔を食べさせる。
それはちょっとギョッとするような描写でした。
水にぬれると力の入らない、顔を全て食べさせてしまうともう何も出来ない、弱いアンパンマン。
悪者を倒すヒーローではなく、ひたすら黙ってもくもくと働く、地味で不器用で、不格好なアンパンマン。
それでもアンパンマンは、今日も飢えた人のところに向かいます。

やなせたかしさんは、あとがきでこのようなことを書いていました。
『必殺技もない、変身もしない、地味なヒーロー。でも僕は、本当のヒーローとはこうあるべきだと思います。誰にも知られず、本当に必要とされることに向き合い、解決していく。さて、こんな彼は、今の子供たちに受け入れてもらえるのでしょうか』


とても感動しました。
なんとも日本的と言うと批判してるみたいになってしまいますが、そうではなく。
不格好ですが、とても美しかったんです。

背中で語るというか、言葉でなく生き方で何かを伝えられるって、なんてカッコいいんだろうと思いました。


…って、言葉で語ってるあたりが私の浅はかさなんですけど。笑




私は、原作のアンパンマンみたいになりたいな。
見せかけのカッコよさではなく、泥臭くても地味でもダサくても、本当に必要なところに向き合っていきたい。
そして、それがいつかmina familyの実績としてみんなを守る盾になれば良いな、と思います。





ま、うんちく語る前に仕事しろ!ってね~~~~~~!!!!(in会社)
…恥ずかしくなってきましたので、このへんで。


長々ダラダラと書いてしまったのに最後まで読んでくださったアナタ、ありがとう。
優しいあなたに、今日も良いことありますように!






   ↓戦友たちのBlogランキング!  ↓

 ♥♡応援 Click お願いします♡♥
    にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
     にほんブログ村


   にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
    にほんブログ村

いつも応援ぽちぽち!ありがとうございます♡
押せば押すほど、momomamaがあなたにお礼のパワーを送り返すらしいですよ!!

ポチポチポチポチポチポチポチ
ポチ (∩`・ω・) ポチポチポチ
 _/_ミつ/ ̄ ̄ ̄/
   \/___/ ̄ ̄
↑PC画面の向こうのあなた(想像図)

※1日1回まででお願いします。私もそう若くないので。














拍手[20回]

PR

コメント

1. 無題

バギーマークのよちのりです。
こんな風にブログに書いてあるのを読んで
なんだか申し訳なく思ってます。

Re:無題

よりのりさま

コメントありがとうございます!お気を遣わせてしまって申し訳ありません。
この時はよちのりさまの件だけではなく他にも色々あったので、どうかお気になさらないでください。
よちのりさまにはご迷惑をお掛けして本当に申し訳ありませんでした。
またご連絡させていただきますね。

ブログ内検索

最新コメント

プロフィール

HN:
momomama
性別:
女性
職業:
会社員
趣味:
料理・読書・昼寝
自己紹介:
愛娘“ももぞう”は、2013年10月生まれ。生後5カ月でウエスト症候群(点頭てんかん)を発症し、現在も闘病しています。

♡好きな言葉♡
高い壁を乗り越えたとき、その壁はあなたを守る砦となる。

忍者カウンター

ブログランキング参加中!