忍者ブログ

MOMOとMAMAとウエスト症候群

ウエスト症候群(点頭てんかん)闘病中の“ももぞう”と、福祉事業に従事する“momomama”の、ブログを中心とした情報サイトです。 闘病のこと、心理学のこと、その他日常の徒然な事をのんびり綴ります。

救急搬送先で

(このブログは『大発作。-長い闘病生活の幕開けー』の続きです)


2013年3月7日


救急車の中で、少しずつ熱が上がり始めたももぞう。

momomamaは、一通り救急隊員さんの質問に答えてから、邪魔にならないよう端に寄って、ももぞうの手を握りしめていました。

『これはやはり熱性痙攣でしょう。小さい子供にはよく起こる事ですよ』
泣きじゃくるmomomamaに、救急隊員さんがそっと話しかけてくれます。


119番してから55分後。やっと病院に着きました。

ほんの数か月前に、ももぞうが生まれた病院。
妊婦健診にも乳児健診にも通った、馴染み深い病院。





まさかこんな形で訪れる事になるなんて、思ってなかった。





到着してすぐ、救急隊員さんの抱っこで運び込まれるももぞう。

救急救命のような部署に行くのかと思いきや、いつもの小児科へ。



診察時間が始まっている病院内は、そこそこ混んでいました。






白目を剥いて痙攣している赤ん坊と、それを抱っこする救急隊員。
隣で歩きながらももぞうに酸素マスクを当てている、付き添いの隊員さん。
案内係りの警備員さんと看護師さん。
泣きじゃくる母。



一気に注目の的に。






一番奥の診察室に通され、すぐに処置が始まりました。

でもね。この診察室。普段診察に使ってる部屋でして。。


momomamaは部屋の前(待合)で待つよう言われて、そこで座っていました。
部屋は色んなスタッフの方がバタバタ出入りしていて、カーテンが半開き。
入口ドアは、沢山のスタッフさんが出入りするのでそのまま開けっ放し。



…来るんですよ。野次馬さんが。
それも小児科だからか、親子揃っての野次馬さんが複数組。

中には部屋の中を覗き込んで『ママ!赤ちゃん!!』とかでかい声で親に報告しだす子まで。
親も『ふーん』とか言いながら遠巻きに見てる。

泣きじゃくる私を傍まで来てジロジロ見る人もいる。





…なんなのよ。見世物じゃないよ?!!!!
他人の不幸を、どうしてそんなに面白がれるの?!

というか、部屋の入り口でウロウロしてる子達、邪魔だから!!!

親も注意しなさいよ!自分の子が救急搬送されて同じ事されたらどう思うのよ!!!!
それでも子を持つ親なの?!!





キレまくりたかったけど、それどころじゃなかったし、この時の精神状態で他人を冷静に叱責できる自信が全く無かった。




この時私は、密かに心に誓いました。

もし今後、街中や出先で誰かの事故や急病に遭遇した時は、119番するなり、手当するなり、何か手伝う。
もし何もできないなら、せめて邪魔だけは絶対にしない。

野次馬丸出しでジロジロ見るなんてこと、絶対に絶対にしない!!!!!




ももぞうは、病院に着いてから熱が下がりました。

どうやら熱性痙攣ではない、という所見。

アレビアチンという痙攣止めを点滴しても止まらず、ホストインという薬に変えてやっと止まった、との事でした。


私がももぞうの痙攣に気が付いてから、病院で痙攣が止まるまで、1時間以上の時間が経過していました。






   ↓戦友たちのBlogランキング!  ↓

 ♥♡応援 Click お願いします♡♥
    にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
     にほんブログ村


   にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
    にほんブログ村

いつも応援ぽちぽち!ありがとうございます♡
押せば押すほど、momomamaがあなたにお礼のパワーを送り返すらしいですよ!!

ポチポチポチポチポチポチポチ
ポチ (∩`・ω・) ポチポチポチ
 _/_ミつ/ ̄ ̄ ̄/
   \/___/ ̄ ̄
↑PC画面の向こうのあなた(想像図)

※1日1回まででお願いします。私もそう若くないので。














拍手[3回]

PR

コメント

ブログ内検索

プロフィール

HN:
momomama
性別:
女性
職業:
会社員
趣味:
料理・読書・昼寝
自己紹介:
愛娘“ももぞう”は、2013年10月生まれ。生後5カ月でウエスト症候群(点頭てんかん)を発症し、現在も闘病しています。

♡好きな言葉♡
高い壁を乗り越えたとき、その壁はあなたを守る砦となる。

忍者カウンター

ブログランキング参加中!