忍者ブログ

MOMOとMAMAとウエスト症候群

ウエスト症候群(点頭てんかん)闘病中の“ももぞう”と、福祉事業に従事する“momomama”の、ブログを中心とした情報サイトです。 闘病のこと、心理学のこと、その他日常の徒然な事をのんびり綴ります。

2度目の入院。

2013年3月16日
ーウエスト症候群と診断されるまであと約1か月ー


3月7日に大発作を起こして入院したももぞう。

3月11日には無事退院しましたが、結局その後は救急やら外来で毎日病院へ通院する事になり、3月15日からまた入院生活に戻ってしまいました。

この頃は病気への不安もありましたが、それよりも『早く退院したいなー、お家で一緒に遊んだりお風呂入ったりしたいなー』なんて漠然と思っていました。

再入院になった翌日、朝から準備をして、面会時間が始まる頃に病院に着きました。
(この段階ではまだ付き添い入院が始まっていないので、面会の扱いになるんだそうです)

そわそわしながら病室に行くと、念願のももぞうの姿が…!!(※離れたの半日だけ)


ももぞうとは、ももそうが生まれてからこの日まで、毎日一緒にいました。

周りに預けられるような親類もいなかったので、本当に殆ど離れた事なんてなく…、母がいないとどうなるか、なんて知る由もありませんでした。

正直、私がいなくても別に変らないんじゃないかなー?とか、ちょっと思っていました。
病室に着いてももぞうに声を掛けます。
『ももぞうちゃ~ん♡ごめんね一人にして!ママ来たよ~!!』


半日ぶりに会ったももぞうは、具合が悪い筈なのに、私の顔を見るなり声を出して笑って、身体中使ってジタバタと大はしゃぎしてくれました。



・。 。・゚・(ノД`)・゚・。




オカン、堪らず涙が。。
しかもももぞうのオデコには、昨晩一人で眠れなかった事を物語るかのような、無数の傷。。
(この頃のももぞうは添い乳がないと眠れず、しかも眠いとオデコをゴリゴリ引っ掻く癖があります)



寂しかったんだろうな、なんでママいないのか分からなくて不安だっただろうな…と思うと、もう可哀想で申し訳なくて、ももぞうを抱っこしてスリスリしまくりました。
(↑腕の中でちょっと迷惑そうなももぞう)



その後は看護師さんが部屋に来て下さり、ももぞうの昨晩の様子を教えてくださいました。

夜は特に変わった事は無かったけど、オデコをゴリゴリ掻いて怒っていた。
朝からチアノーゼ発作が2回。


ミルクは家で飲むより少し少なくしか飲めませんでしたが、それ以外はあまり変わったところもありませんでした。


毎日数回の発作があるという事で、この日の夜から点滴で『ホストイン』という薬を入れ始めます。




パパがお見舞いに来てくれてテンションMAXのももぞう(^ω^)









   ↓戦友たちのBlogランキング!  ↓

 ♥♡応援 Click お願いします♡♥
    にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
     にほんブログ村


   にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
    にほんブログ村

いつも応援ぽちぽち!ありがとうございます♡
押せば押すほど、momomamaがあなたにお礼のパワーを送り返すらしいですよ!!

ポチポチポチポチポチポチポチ
ポチ (∩`・ω・) ポチポチポチ
 _/_ミつ/ ̄ ̄ ̄/
   \/___/ ̄ ̄
↑PC画面の向こうのあなた(想像図)

※1日1回まででお願いします。私もそう若くないので。














拍手[2回]

PR

コメント

ブログ内検索

最新コメント

プロフィール

HN:
momomama
性別:
女性
職業:
会社員
趣味:
料理・読書・昼寝
自己紹介:
愛娘“ももぞう”は、2013年10月生まれ。生後5カ月でウエスト症候群(点頭てんかん)を発症し、現在も闘病しています。

♡好きな言葉♡
高い壁を乗り越えたとき、その壁はあなたを守る砦となる。

忍者カウンター

ブログランキング参加中!